外資への転職

新型コロナによる外資系会社の働き方について

こんにちはすあれすです。

1月末から中国で発生した新型コロナウイルスの影響で日本だけでなく世界中で大変な事になっています。

このブログの更新日は3月末ですが、終息どころかまだまだ感染のピークが見えずどの国も入出国制限をかけグローバル化とは真逆の方向に進んでいますね。

そんな中で、私の勤める欧州系外資系企業では真っ先にテレワークを強制されおよそ1ヶ月となります。

元々営業は客先に直行直帰スタイルでしたので、そんな大きな変化に感じませんでしたが、
2月末から客先への訪問も禁止されたのでいよいよする事が無くなりました。

スアレス君
スアレス君
営業が客先訪問出来ないって致命傷じゃ・・

そこで当社で在宅期間中に実施すべき事をリスト化してみました。

客先のフォローアップ

まあ、これは営業として当然のことですが既存先のフォローアップですね。

顧客の殆どが日系企業であり、また本社関係以外はほぼ工場や生産管理など

時差出勤が不可能なお客さんを相手にする事が多くテレワークとは無縁の世界です。

そんな中で自分だけ会社から禁止されてるのでと言う理由で訪問しないと

あっという間に競合にシェアを奪われてしまいます。

ただ、幸いな事にここ最近は客先側も不要不急の打合せを禁じる様な所も

増えていますので、電話で状況確認しつつフォローアップを実施しています。

溜まっていた事務処理

日々忙しく仕事をしている中で緊急性が高く重要な物から優先順位をつけ

業務を片付けていきます。ただ、その場合毎日新しい緊急性が高い仕事が優先され

期限のない重要なことが疎かになる事があります。

特に顧客管理や売上分析・ターゲットへの戦略立案やプレゼン作成などがそれにあたりますね。

こういう余裕が出来た事こそ前向きに捉え通常業務に復帰した時の準備に当てるべきです。

オンライン研修

現在社内では様々なオンライン研修の実施を推奨されています。

それは英会話から経営にまつわる事まで様々な項目からなり

今だから基礎力を上げ興味がある事を勉強することはとても重要ですね。

ただ私は眠くなってしまいますので、あまり興味が湧きませんが。。

在宅ワーク番外編

ここからは在宅ワーク番外編として、こんな時だからこそ出来る

プライベートな日常を記載したいと思います。

① 資産運用

業務中は株式投資のポートフォリオを作り変えたり短期での売買には向いていません。

こんな時に今までの投資履歴の振り返りと年始からの収益確認及び

この乱高下する投資環境は怪我のリスクもありますが、大きな勉強になります。

私は研修よりもこちらの勉強する方が性にあっているみたいです。

② 転職活動

これまたテレワークが故に自分のキャリアを改めて見直す機会にしています。

今自分がどれだけ市場から必要とされ価値があるのか、それを見定めるのは重要です。

今の会社で在籍の保証も無いし、新しい経験が出来ないならば

次に転職する体制を整えないといけません。ですのでResumeや職務経歴書の見直し

転職サイトに登録するのも良いですね。

③ 家事全般

普段からやっていますが、これが意外にも楽しいです。

普段出来ない料理をしたり、子どもたちの保育園への送迎や炊事洗濯など。

普段妻にどれだけ負担をかけているか、また自分が協力する事で

どれだけ作業効率が短縮されるか考える良い機会です。ぜひお勧めします。

まとめ

皆さんいかがでしたか?

在宅期間中は普段出来ない仕事をする絶好の機会です。

またプライベートでも時間が無く出来なかったことを有意義に活用し

神から与えられた絶好の機会としてご自分の人生を謳歌してください!

 

ABOUT ME
suares
外資系メーカー所属の窓際サラリーマンです。前職での倒産や心筋梗塞発症の経験から副業し本業以外でもマネタイズする時短生活のススメをブログにて更新しております。また麻雀やワインそして時事ネタなど興味あることには何でも投稿します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です