雑記

麻雀がオリンピックを目指すのに必要なこと

こんにちはすあれすです。

前回に引き続き私の趣味の一つである麻雀についてブログを書いております。

Mリーグ発足から麻雀人気が過熱すること間違いなし!と宣言しました。

【麻雀】Mリーグ開幕が麻雀人気を押し上げる3つの理由

麻雀につきまとう賭博のイメージは完全に排除し競技としてスタートしようとしております。

そんな中でサイバーエージェントの藤田社長がMリーグの発足会見で

麻雀は競技としてオリンピックの正式種目化を目指すと公言されました。

オリンピックってスポーツだけじゃないの?

と私も思いましたが、麻雀がオリンピック種目となる為に必要なことを考えてみました。


オリンピック種目となるには?

オリンピック競技大会のプログラムはIOCが作成する。これにはオリンピック競技のみを含めるものとする。

  • 1- オリンピック競技大会のプログラムに含まれるオリンピック競技
    1.1.1 オリンピアード競技大会のプログラムに含めることができるのは、男性によっては、少なくとも75か国、4大陸で、女性によっては、少なくとも40か国3大陸で広くおこなわれている競技のみとする。*オリンピック憲章より

な、七十五カ国!?

いきなりハードルが高いです。

競技人口はアジアで3億5千万人との事ですが、世界で7億人とか。

正直どこを探しても信頼出来るソースはありませんでした。

アジア系アメリカ人などが普及させているのでしょうか。

とにかく普及が何より大事ですね、野球も75カ国でやってるかな?

開催国推薦を狙う

そんな事を考えていたらどうやら開催国推薦と言う特別枠もあるそうです。

次の東京は無理なので次回中国で開催されるチャンスを狙うのはいかがでしょうか。

75カ国で競技を普及させるのは多くの時間と労力を費やすので

中国で次回開催されるチャンスで麻雀を開催国推薦種目として提案するのが良さそうです。

競技人数の増加&世界協会の設立

それを踏まえて普及が最も大事な初期アクションですね。

日本での競技人口が500万人と言われているのを1000万人に増やしていく。

そして、アジアの国々に渡り普及させていく事ですね。

またどのスポーツも必ず協会が設立され管理・運営をしております。

日本が舵を切ってアクションを起こせるでしょうか。

私の提言としてはワールドシリーズオブ麻雀と言う世界大会を運営する

BP INTERACTIVE LIMITEDに運営を任せるのが良いかと思います。

世界基準の統一化

普及と共に最も大事なことは麻雀のルールを世界基準に統一化するべきです。

中国・日本・台湾など麻雀ルールは異なり早いタイミングでの基準統一化が重要です。

中国麻雀と日本の麻雀では牌の大きさから役の違いまで様々です。

ルールを統一化する事で世界大会はより活発となり多くの人の注目を集める事になります。

柔道や空手など日本発症競技も世界基準となり姿・形を変えて標準化されます。

麻雀も世界的な競技となるなら基準の標準化はMUSTです。

まとめ

オリンピック競技として認可されるには75カ国以上で競技されている事が必要でした。

それを考えるとかなり普及に時間がかかる事が予想される為、

オリンピックの開催国推薦枠で承認をもらえること

それが敵わない場合、時間をかけて普及と推進に邁進すること

世界基準でのルールの統一化が必要だと思います。

とにかく人気が出る様にこれからも麻雀の普及を応援していきます。


 

ABOUT ME
suares
外資系メーカー所属の窓際サラリーマンです。前職での倒産や心筋梗塞発症の経験から副業し本業以外でもマネタイズする時短生活のススメをブログにて更新しております。また麻雀やワインそして時事ネタなど興味あることには何でも投稿します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です