雑記

【麻雀】Mリーグ開幕が麻雀人気を押し上げる3つの理由

こんにちはすあれすです。

皆さんは麻雀が一大ブームを起こしかけている事をご存じですか?

昔の麻雀と言うとこんなイメージありませんか?

暗くタバコくさい環境。

ギャンブルのイメージ。

昔の麻雀というとギャンブル性が高く

漫画「アカギ」の様に大金や命を賭けてゲームを行う印象があると思います。

現代において流石にそれはないとしても、どうしても将棋や囲碁と比べてもアングラな印象が強いです。

ただ、一方で学生の頃麻雀にハマり寝る間を惜しんで夢中になっていた方も多いと思います。

最近はサイバーエージェントの藤田社長による協力なバックアップがあり

麻雀がAbemaTVを始めとしたメディアにのる機会が増えてきました。

そんな中で10月1日より「Mリーグ」が開幕しました。

Mリーグとは?

Mリーグは、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ。麻雀のプロスポーツ化を目的とし、2018年7月に発足した。 ウィキペディア

日本国内には現在1500人のプロ雀士がいます。

その中からドラフトで選ばれた7チーム計21名が80戦試合をし上位4チームがプレーオフに進出するというもの。

正に競技麻雀の中でもトッププロが集います。

AbemaTVでもお馴染みのプロや女流プロなど華やかな面子が多く

従来の麻雀イメージを大きく覆す内容となっており私もとても楽しみです。

断言します、Mリーグが麻雀人気を押し上げる事は間違いありません。

各チームの最低年俸が決定されている

メディア業界を代表する会社が集まりチームスポンサーとなっています。

地域密着のJリーグやBリーグとは異なり企業イメージを全面に出すプロ野球の様なスタイルですね。

今回各チームは選手に対し最低年俸を400万円に設定しています。

今までの麻雀プロは麻雀だけで食べて行くことは難しく今でも多くの副業プロがいます。

そんな中で最低年俸400万+優勝賞金5000万は大きな報酬ですよね。

またメディアに取り上げられる事で更に付加価値がつきます。

今まで麻雀プロは食べていけないと言う常識を覆すことが出来ます。

オリンピックを目指すと宣言している

Mリーグ発足会見でサイバーエージェントの藤田社長がオリンピックの正式種目化を目指す事を発表しました。

その目標達成の為、麻雀環境の整備、教育プログラム及び地域リーグの設立もしたいとあります。

これについてはオリンピック化する為に必要な事と言う記事を書く予定ですが

とにかく目標が大きく夢がある。将棋や囲碁に天才少年・少女がいる様に

若い内から天才麻雀少年・少女が現れる日も近いでしょう。

ボルダリングも近いですね、オリンピック競技となり一気に競技人口増加しています。

オリンピックの正式種目化されればそれを目指す為に競技人口が増えること間違いありません。

これからはギャンブルではなくスポーツとして認められる競技へ

ギャンブルの印象が強い麻雀ですが、Mリーグでは賭博行為とは一切関わらない

ゼロギャンブル宣言を打ち出しています。

ギャンブルでは健康に良いとか脳の訓練になるとか良いイメージが浸透すれば

賭博に関する印象を排除すること出来ます。

将棋や囲碁の様な伝統的で格式ある舞台にあがれるのだと思います。

まとめ

Mリーグ発足で麻雀に対するイメージが大きく変わり麻雀人気は上がります。

プロ麻雀選手の生活が確保される事で競技人口が増えること

麻雀がオリンピックを目指す事で多くの人に夢を与えられること

賭博行為を一切排除する事で麻雀イメージ上昇に繋げられること

私も趣味で再び健康麻雀にチャレンジしました。

これからも麻雀会が盛り上がって行くように応援していきます!

ABOUT ME
suares
外資系メーカー所属の窓際サラリーマンです。前職での倒産や心筋梗塞発症の経験から副業し本業以外でもマネタイズする時短生活のススメをブログにて更新しております。また麻雀やワインそして時事ネタなど興味あることには何でも投稿します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です