保険・病気

どこの保険会社のガン保険がお勧めなのか?

こんにちはすあれすです。

ガン保険の種類や支払いタイプについて

考えてきた当ブログですが、具体的にどの保険会社のガン保険が適しているのか

資料を取り寄せたいので考えてみたいと思います。

前回の記事では給付金には様々なタイプがある事がわかりました。

古いタイプは入院にかかる費用を保証する反面

高額な治療費を補てんしてくれる保険がありませんでした。

一方で現在のガンは、通院治療が一般的であるので入院給付金は削除し

抗がん剤や放射線治療にかかる費用負担が中心となります。

また支払いタイプも終身と定期タイプがあり、

終身は文字通り一生涯定額を支払っていくことで

定期は一定期間まで支払いを続けますが、その期間を終えれば終了します。

定期は年をとれば支払額が上がりますので、加入するなら終身がお勧めです。

選定のポイント!

診断給付金欲しい

入院費用は必要なし

抗がん剤及び放射線治療に特化する

入るなら終身保険

上記の価格.comを代理店代わりに自分にあった保険会社を選びました。

リスト化してみると意外な結果がありました。

思ったより抗がん剤治療や放射線治療負担を言っている所が少ない

5社全部調べ尽くすのは大変なのでここから3社に絞り資料請求しようと思います。

候補に選んだのは下記の会社でした。
最短1日で可能な法人税節税なら節税対策ドットネット

チューリッヒ生命

アクサダイレクト あんしん生命 アフラック メディケア生命 楽天生命
支払い金額

2,543円

2,729円

2,741円

4,624円

2,995円

3,996円
診断給付金

一括で50万円

一括で50万円

一括で50万円

【診断給付金】1回限り50万円/【特定診断給付金】1回限り50万円

50万円

1回目(初めてがんと診断確定)100万円/ 2回目以後(がんで入院)50万円
抗がん剤治療費 治療を受けた月毎に10万円 治療を受けた月毎に10万円*60回まで なし 治療を受けた月毎10万円 治療を受けた月毎に10万円*36回まで
放射線治療給付金 治療を受けた月毎に10万円 なし なし 1回につき20万円 治療を受けた月毎に10万円*36回まで60回まで

そんな中で選定したのは下記の3社でした。

選んだポイント;アフラック

この5社の中で最も金額が高いだけがあるのですが、保障内容は全て完備していました。

本来必要のない入院・手術費用に関しても厚い保護がある為

金額は多少張りますが、入ってしまえば何も文句のないプランですね。

楽天生命

こちらも新興勢力とも言える楽天生命。

本当にSBIと楽天はどの分野にも顔を出しますよね。

関心したのはガン保険の売りとなる表紙の文言で抗がん剤治療費や

放射線治療費の保障を最も大きく宣伝していたのはこの会社でした。

やはり最新のトレンドを分析しそのサービスを全面に押し出すのは流石ですね。

チューリッヒ生命

最後に選んだのはチューリッヒ生命にしました。

私が望む条件を全てクリアしているのにも関わらず値段が安い。

アフラックや楽天と比較しても1割以上安いので何かある気もします(笑)

資料を取り寄せてゆっくり確認してみたいと思います。

まとめ

今回私は上記の3社の中から最終1社に決定することに致しました。

ガン保険についてはとにかく色んな条件・種類・そして会社がある為

どれを選ぶかはまずご自分が何を必要としているかを把握する事が重要です



ABOUT ME
suares
外資系メーカー所属の窓際サラリーマンです。前職での倒産や心筋梗塞発症の経験から副業し本業以外でもマネタイズする時短生活のススメをブログにて更新しております。また麻雀やワインそして時事ネタなど興味あることには何でも投稿します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です